メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


「渦潮の街 鳴門」

管理栄養士 Y.M

暑かった夏も過ぎ去り、秋の気配を感じる9月下旬、2泊3日で徳島県鳴門市へ訪問させていただきました。
東京から徳島へは飛行機を利用し、1時間半ほどで到着です。

今回伺ったユーザ様の病院は、鳴門市にあり、渦潮で有名な鳴門海峡も近いとのこと。
緑の山ときれいなブルーの海の鮮やかなコントラストの中に、鳴門大橋がかかり淡路島まで見渡すことができました。
タクシーの運転手さんに聞いた話によると、ここの名産でもある鳴門金時は、ちょうど海からの潮風で運ばれた塩の効果で、自然と甘味が増し、おいしい金時ができあがったとのことです。
また、ミネラルたっぷりの海砂で栽培された鳴門らっきょうもシャキシャキと歯ごたえがありおいしく、鳴門鯛や鳴門わかめなども名産だと教えていただきました。
徳島には海の幸、山の幸、たくさん美味しいものがありますね。

夜は鳴門市から徳島駅まで戻り、徳島ラーメンをいただきました。
醤油とんこつスープに半熟卵をトッピングし、コクのある濃厚な味わいでおいしかったです。
実際は生卵を落として食べるスタイルが徳島ラーメンの特徴で、さらにとろみがついたスープになるようです。

おいしいグルメの他にも阿波踊りや渦潮で有名な徳島県。
渦潮が見られるタイミングは干潮と満潮の1日2回しかなく、今回は残念ながら見物はできませんでしたが、是非また訪れたい街となりました。