メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


京都府(京都市)におじゃましました

顧客支援管理部 O.A

今回は京都府京都市のユーザー様を訪問しました。
ご訪問後、鴨川を眺めながら下鴨神社へ。
初詣でも参拝したので、今年二度目の参拝です。

下鴨神社というと、縁結びでも有名ですね。
下鴨神社の桜門のそばに、「相生社」があり、縁結びの神様が祀られています。
めでたいことを「相生」といいますが、この言葉はこの「相生社(あいおいのやしろ)」から
できた言葉だそうです。
相生社の傍に、「連理の賢木(れんりのさかき)」というご神木があります。
このご神木は2本の木が途中から1本に結ばれており、縁結びの神のお力で
結ばれたと言い伝えられているそうです。
また、この木が枯れると、下鴨神社境内の杜に同じように結ばれた木が見つかるのだそうです。
不思議ですね。

その後、京都で一番人気といわれる「ふたば」の豆大福を買いに行ってきました。
「ふたば」は創業明治32年の老舗和菓子店で、土日は30分以上並ぶこともあるそうですが、
平日だったのですぐに買うことができました!

季節限定の芋あんの豆大福と定番の豆大福を購入。
帰宅してからお茶と一緒にいただきました!
とても甘い大福を想像していたのですが、周りの豆は甘くなく、
塩ゆでされた豆で、中の餡の甘さをほどよく引き出してくれ、
また、豆のおかげであっさりとしたところもあり、
大変おいしい大福でした。