メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


福岡県・小倉市におじゃまいたしました

顧客支援管理部 I.K


福岡県小倉市におじゃましました。



関門海峡に面した小倉は、陸海の交通の要として古くから砦や城が構えられた地だったそうです。
小倉駅から徒歩10分足らずで小倉城に訪問する事ができました。


小倉城の歴史は、戦国末期(1569年)中国地方の毛利氏が
現在の地に城を築いたことが始まりだったそうです。
本州から九州の窓口として栄えていたのだと、立派な城からその歴史を感じます。


天守閣の周りにも色々と観光名所がありました。


城内にある八坂神社には、太平洋戦争で犠牲になった馬のための忠霊塔が建てられています。
すべての馬を慰霊する生馬神(いくまのかみ)が祀られているそうです。


幕末、長州藩が小倉城を砲撃した際、使用した大砲が復元されていました。
脇には弾丸も置かれており、とても迫力がありました。


近くに流れる紫川にかかる橋の歩道に、ずらーっと一直線に並んだ
マカロニ星人のような謎のオブジェがありました。
調べてみると、グラフィックデザイナーの(故)福田繁雄さんの作品で、
正式な名称は「宇宙七曜星の精」だそうです。
太陽が当たると、影がひまわりの形になるんだとか。。。
この日はあいにくの雨だったため、残念ながらひまわりの影は見れませんでしたが、
ユニークなオブジェを楽しむことができました♪


また小倉を訪れた際は、もっと色んな名所を巡ってみたいです!