メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


神奈川県小田原市へおじゃましました


管理栄養士  T.H



こんにちは!
今回は神奈川県 小田原市におじゃましました。

小田原といえば『小田原城』・・・ということで小田原城址公園にお邪魔しました。



小田原城が初めて築かれたのは15世紀中ごろのことと考えられており、
1500年ごろに戦国大名小田原北条氏の居城となってから
関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され
豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、
日本最大の中世城郭に発展しました。

今では夜にライトアップされ、時にはプロジェクトマッピングが上映されたりと
市のシンボルとして観光名所になっています。

また、小田原といえば海産物も有名です。
小田原漁港でとれた新鮮な海の幸を使用した海鮮丼を頂きました!



小田原でとれる魚は『ほどよい脂のり』『味(甘み)』『香り』がそろっており
とても美味しいことで有名ですが
この美味しさの秘訣は、漁場を育む海と豊かな森・川にあります。

小田原の海を囲む箱根や丹沢などの山林から豊富な栄養分が海に流れ込むことにより、
その豊富な養分でプランクトンが育ちます。
それを餌とする魚は、とても美味しく育つのです。大いなる自然の恵みに感謝、ですね!

小田原漁港ではその日の早朝に漁獲したばかりの新鮮な魚や名物の干物、かまぼこ、さつま揚げなど
地場産品が取り揃えられた朝市を開催しているようです。
開催日はHPにて公開されていますので、ご興味があれば是非行ってみてください!