メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


 技術開発スタッフは献ダテマンシリーズを開発している技術スタッフとお客様がよりよい環境で献ダテマンシリーズをご利用いただけるよう技術面からサポートする技術カスタマースタッフからなる技術集団です。
   仕事柄、黙々とプログラム開発を行うイメージがあるかもしれませんが、意外と人と接することや話をすることが好きなスタッフも多く、皆明るくて個性豊かです。

部長代理 越村

 興味を持ったら自分の気が済むまでやってみる性格のおかげで、仕事にも趣味にもONとOFFメリハリつけながら、どっぷり浸かっています。
仕事はこの業界に入って早○年、次々出てくる新技術のおかげで色々な経験をしてきました。

 趣味ではダイビングを始めてから、インストラクターまで取って随分と経ちました。
まだまだやりたいことは沢山あるので、時間がいくらあっても足りません。

 でもやりたいことがたくさんあっても健康でないと話になりませんよね。
我々は「食と健康」をテーマに掲げている会社なのでなおさらです。

 これからも皆さまの「食と健康」を裏から支える使いやすいパッケージを開発していきますのでよろしくお願いします。


豊浦

 システムエンジニアという仕事柄、出張に出かける機会が多くあります。
腹囲が気になってきた私にとっては大いに喜ばしい事なのですが、移動だけじゃ効果が薄いのかそもそも食事に問題があるのか、一向に効果が見えてきません。

 自社ソフトで自分自身を管理すべきか迷っている今日この頃です。
もし私とお仕事でご一緒する機会がありましたら、是非健康的なやせ方を教えていただきたいと思います。


鳥越

 献ダテマンチームの管理、開発を行っています。

 最近脱もやし計画と称し、スポーツジムに通いはじめました。キレてるボディを手に入れようと奮闘中で、長年放置してた筋肉が悲鳴をあげています。今年の夏こそバルクアップ!!海岸でムキムキの人がいたら多分それは私です。

 後は献ダテマンで食生活を徹底管理すれば。。。
見えました!オリンピックが。


大島

 オーダリング業務を主として仕事を行っております。タスに入社して、5年目。気がつけば部下もでき、指示をする立場に。

 業務柄、お客様の元へお伺いする事もあるのですが、極度の方向音痴で、初めての場所は、いまだに地図だけでは、目的地にたどり着けない事もしばしば…。(コンビニの定員さんに助けてもらう事が多いです。)

 また、人と話をする事が好きで、ユーザー様とも、世間話をしたりするのですが、会話の中で「オーダ接続をして業務が楽になった」などの声を聞くと、まだまだ頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

 現状に満足する事なく、これからも精進して行ければと思います。
もしかしますと、拝見して頂いている、ユーザー様のところへ、伺う事もあるかと思いますので、そのさいは、よろしくお願い致します。


石田

 カスタマーチームの石田です。
主に献ダテマンのインストールや環境設定、ハード・ソフト・ネットワーク障害に対するサポートを行っています。

 この仕事に就いていなければ行く機会がなかった色々な場所に行く事ができるのが楽しみの一つです。海や山に囲まれた景色を見ると普段の生活では味わえない清々しい気持ちになります。

 仕事面で、一番やりがいを感じるのはお客様に喜んで頂き、「ありがとう」の一言で今までの苦労が報われた気持ちになります。

 未熟な部分も多いですが、一人でも多くのお客様に喜んで頂けるように日々、精進してまいりますので、よろしくお願い致します。


武内

 オーダリング業務を主業務とし、インストールや環境設定などの業務も行っております。

 仕事ではベンダー様や栄養科様など色々な方とお話させて頂く機会が多く、 日々精進をせねばと感じる毎日です。

 趣味は自転車と言いたいところですが、最近はなかなか乗れておらず、 日々大きくなっていく自分を感じる毎日です。

 公私ともに精進し、お客様に満足頂けるよう頑張って行きたいと思いますので、 よろしくお願いします。


村上

 主に電子カルテからのオーダーを弊社システムに反映するアプリケーションを開発しています。

 常に心がけていることはご使用になられるお客様が日々の業務を容易に行えるようにする事です。
そのためにお客様や他の業者様との打ち合わせを行う中で可能な限りお客様のご要望にお応えできるように努力しています。

 まだまだ至らない点はあるとは思いますが日々精進していきたいと思っています。


宮代

 開発担当の宮代です。
「お客様の要望に沿ったシステム」を、日々、心がけております。

 落語家の笑福亭仁鶴さんのように、「エラの張った顔」が特徴で身長:172センチ、体重:58キロと、やや細身の体つきです。
好き嫌いは特には無いのですが食が細いと云うか、「食べる」と云うことに関心が、あまり無かったりします。
「食べる」事に、関心が無いと、日々バランスの良い食生活を送っていないと云う事でして。
 おかげで、弊社の「健指君」(特定保健指導支援ソフト)で軽く問診してみると、メタボの予備軍に該当するようです。

 やっぱり「食」って大事ですよね。

 「食と健康」をテーマに掲げた会社の社員がこれで良い筈が、ありません。
日々精進努力を・・・とは思うんですが、正直な所なかなか、実践できていません。
(家族の為に、がんばってみよう。)


仲井

 勤続5年目、現在は献ダテマンの開発に携わっております。


堀本

 社会に出て、SE一筋○○年。気が付けばこの歳に・・・・ 今迄に柔らかい物から堅い物、危険な物まで扱うシステムを構築してきました。 上手に話に誘い込めば、色々な業界の裏話が聞けるかも知れません。

 趣味・・・ 「ゴルフ!」と言えば見栄えが良いのでしょうが、ハイソな物とは縁が・・・ ツーリング(バイク)、ラリー、写真撮影が三度の飯より大好きです。 勿論、美味しい物を食べ、綺麗な景色を見に行くのが目的。 美味しい物に辿り着くまでの過程も楽しい物です。 途中で思い付くままに寄り道をして、新たな発見をしたりします。 車だとルート変更は中々難しいですけど、バイクなら気軽に変更できます。


橋本

 オーダリング業務を主業務とし、インストールや環境設定などの業務も行っております。

 主に献ダテマンのインストール・サポートを行っている、カスタマーチームの橋本です。
全国各地、お客様の元へ献ダテマンをインストールしにお伺いしておりますが、
マイブームは、やはり郷土料理を食べる事。
オススメの郷土料理があれば、是非紹介して頂ければと思います!

 生まれ育った香川県のソウルフード、讃岐うどんの「コシ」の様に、
堅実な仕事で皆様のお役に立てるよう頑張りますので宜しくお願い致します!


新谷

 オーダリングシステム、電子カルテシステムと栄養部門との連携を担当しています。
現在は主として保守をやっています。


矢谷

 献ダテマンが産声をあげた時から、プログラム開発を担当させていただいてます。

 他のスタッフ同様、甘いものから辛いものまで、美味しいものが大好きなのですがさすがに、代謝も悪くなる一方のようなので、運動不足を解消すべくフラメンコでも習おうかと考えながら、数年が経過してしまいました。
(ビリー隊長にはついていけなくて、3日で根をあげました・・・)

 献立作成と栄養管理帳票が出力できるだけの小さなシステムだった献ダテマンは、栄養士様が担う業務の多様化に伴い、機能を拡充し続けてきました。
でも、まだまだ先があるようです。

 微力ですが、より「使えるソフト」を目指して、頑張ります。
仕様の確認やサポートで、お邪魔することもありますので、よろしくお願い致します。


駿河

 献ダテマンがヨチヨチ歩きの頃から養育係を務めています。
あの頃から比べると、ずいぶん大きくたくましく成長し、いろいろな事が出来るようになりました。

 今後もお客様の声を吸収して、より愛される献ダテマンに育てて行きたいと思っています。


杉

 日々、進化し続ける「献ダテマン」ですが、古くからお使い頂いているお客様に、久しぶりにお会いすると、なんだか、我が家に帰った気分になります。

 得意げに新しい機能を紹介する半面、お客様から、いろいろ工夫をされてお使い頂いている事をお聞きすると、本当に、勉強になります。

 これからも、変化していくお客様のニーズにお応えできるよう、半歩先行く「献ダテマン」をめざしてご提案させていただけたらと思っています。 今後ともよろしくお願い致します。


田畑

 献ダテマンのテストを担当しています。日々進歩で留まることを知らない献ダテマンに置いてきぼりにされないよう、がんばっているのですが、 最近、息切れが・・・

 タスの中では、古株?になってきて、既存ユーザー様の過去の記憶を探らないといけない仕事も、、、

 新規ユーザー様にも既存ユーザー様にもご期待に添えるようがんばりたいと思います。よろしくお願いします。


垣内

「食」に関わる疾患が増加傾向にある昨今、あらゆる現場での、徹底された「食」の管理が求められるようになりました。

又、多種多様な「食」の可能性を最大限に生かすためには、先端医学が可能にする健全な食生活と、IT技術に期待される高い生産性が必要とされます。
それらのシームレスな共存を可能にする機能が、「献ダテマン」には凝縮されています。

私自身も、「食と健康」を支える技術者の一人として、ユーザー様の御要望に少しでも近付けるよう、日々精進しております。




投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。