メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


第105回 神奈川・江の島編



顧客支援管理部 O.A

今回は鎌倉・江の島の「生しらす」についてご紹介いたします。

一般的に「生しらす」の旬は春と秋と言われており、
鎌倉・江の島のある相模湾ではそれ以外に夏でも獲れる夏しらすが存在するそうです。
この中でも、湘南しらすが一番おいしい時期が春のしらすだそうです。
この時期のしらすは脂がのっており、甘みもあって
一年で一番良いしらすとのこと。

今回私が訪ずれたのは秋でしたが、大変おいしくいただきました。

江の島水族館近くにあるお店で生しらすとしらすが乗っている、
「Wしらす丼」をいただきました。






食べなれたしらすと違い、生しらすを食べると贅沢な気分に。
生姜がアクセントになってさっぱりといただくことができました。

実は、私が注文したあと、生しらすを使うメニューが売り切れとなったので、
ラッキーだなと思いながらお店の人に聞いてみると、
お店によってその日に仕入れる量があり、提供数にも限りがあるので、
連休など観光シーズンで人が多い日などに生しらすを目当てにお店に行く場合は、
どのお店でも事前に確認をして訪れる方が良いとのこと。

皆さんも生しらすを求めて行かれる場合はぜひ、
旬と仕入れ状況をチェックされてはいかがでしょうか。