メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


第115回 神奈川編



顧客支援管理部 S.S




みなさん、今年のゴールデンウィークはどう過ごされましたか?
私は近場で観光気分を味わえる横浜中華街に行ってきました。




TVや雑誌でよく見かける中華街入口の門を撮りたかったのですが
ゴールデンウィークでどこも大混雑。
人、人!人!!で立ち止まって写真を撮ることができず・・・
残念ながら門ではなく、近くにあった看板を記念に1枚

中華街への入り口には、東西南北に10基の門が設置されています。
城内に入ってくる邪を見張り、陰陽五行や風水思想に基づき
黒、赤、白などそれぞれ色が違うとか。




お店で着席してまず1枚。
中国食器で子供が描かれているのを見かけませんか?
唐子(からこ)というのだそうです。

描かれる子供の人数によって器の格が異なるようで
七人描かれた「七人唐子」が最も格が高く
五人唐子、三人唐子と続くそうです。

料理を引き立てる器にも、気を配りたいものですね♪








この日は広東料理のお店に入りました。

中国料理は気候、風土によって特徴がありますが
その違い、ご存じの方は少ないのではないでしょうか?

今回はざっくりと4種類に分けてご紹介!
1.北京料理
寒さの厳しい土地柄か塩漬け、油脂類、味噌などを使った
カロリーが高い料理が多いようです。

2.上海料理
海沿の新鮮な魚介類をさまざまな調理法と味付けで味わえます。
特に、カニ料理が有名。

3.広東料理
海に面しており鮮度のよい魚介類を中心に、素材の持ち味を生かす
淡泊な味付けが特徴。特に点心の種類が豊富!

4.四川料理
四川といえば辛〜い麻婆豆腐がパッと浮かびます。
辛さだけでなく、色・香・味・形を重視しているそう。




一緒に出かけた小学生の姪たちは、こんなお土産を買っていました。

左:全国各地で見かける「モケケ」
  モケケノケ星からきた宇宙人だそう。

右:「スクイーズ」というおもちゃをご存じですか?
  むにむにとした柔らかい感触で今大人気だそうです。
  にぎると目が飛び出て少し気味が悪い・・・



普段は中華街をひたすら歩きまわり
豚まん、焼き小籠包、デザートなど食べ続けるのですが
今回は残念ながらどのお店も混んでいて、これにて終了。


次は、「ハリネズミまん」を食べに行きたいです☆彡