メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


第42回 福岡編



顧客支援管理部 W.R

今回は福岡県のうまいもんを紹介します。

努努鶏。
「ゆめゆめどり」とよみます。
皆さんご存じですか?

「冷やして食べる唐揚げ」です。

写真では、わかりにくいですが、これ、凍っています。

博多を訪れる前に、「福岡県ニ変ワッタ食べ物アリ。」と、今回の「努努鶏」を
上司より教えてもらいました。

おいしいです。

調理方法は・・・
「油で揚げた手羽先に特例たれとスパイスで味付けしマイナス25℃で30分以上凍らせる。」

食べ方は・・・
凍ったままでよし、5分程度自然解凍してから食べてもよし。

味は・・・
ピリ辛の甘辛。 鶏の皮がパリパリ、サクサクと歯に心地よく、身は凍っているため硬く、
ビーフジャーキーのごとく噛めば噛むほど味があります。
どちらかと言えば、「おやつ」「ビールのアテ」系です。

最初見たときは「鶏のからあげが凍っている」と驚きましたが、
食べてみて、とてもおいしいものでした。

「努努」とは、「ひとつのことをやり通す」と言う意味があるそうです。
ビール片手に、「どこの世界にも共通する言葉だ。なるほど。」とうなずきながら
また1つ、おいしく頂きました。