メインメニュー
バージョンアップ
おタスけ料理レシピ
株式会社タス
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


第80回 東京編



顧客支援管理部 T.S

私が今日ご紹介するのは、
新宿歌舞伎町にある老舗の「すずや」の「とんかつ茶漬け」です。
ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ちょっと変わったこのメニュー、そもそも料理人のまかないから始ったもので、とんかつに温めたキャベツをのせ、お茶づけにして食べたのがきっかけだそうです。
やがてそれは、当時のお客様(特に芸術・マスコミ・芸能関係の方々)に「裏メニュー」として拡がり、名物となったわけです。もうかれこれ60年の歴史とか・・・。

「とんかつ茶漬け」のセットは、丸い鉄板に乗ったトンカツに茹でたキャベツ、これにご飯、お味噌汁、漬物がついてきます。
そして「とん茶」のお茶は、適度に食べた後に好きなタイミングでお願いします。

こちらのトンカツは、味が付いているので、ソースなどは付けずにそのまま頂きます。味は、定番醤油、辛子醤油、ニンニク生姜醤油、ハバネロの4種類から選べます。この味に茹でたキャベツも良く合います。

最初は普通にトンカツとして、ご飯と一緒に頂きます。 お肉はあっさり豚ヒレです。キャベツと一緒に頂くとこれだけでも十分美味しいです。

そして、数切れを残して「とん茶」用のお茶をお願いします。
お茶は「秋冬番茶」という番茶です。とん茶に一番適していると思われるお茶を厳選したのだそうです。
半分くらい残したご飯にとんかつを乗せ、残ったキャベツも全部乗せて、その上から急須で円を描くようにお茶を注ぎます。
じっくり浸すかサックリ頂くかはお好みですが、衣も少ししっとりとした所で「とん茶」を頂きます。これがさっぱりして美味しいんです。
普通に頂いた先程のトンカツとはまた違う味わいになります。

あっさり食べたいけど、しっかり食べたい!そんな時にぜひお試し頂いてはいかがでしょう。 すずやはJR新宿駅東口徒歩3分、西部新宿線新宿駅徒歩1分です。